entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* スポンサー広告 * comments(-) * trackbacks(-) * page top *

entry_header

†=† 暗いところで待ち合わせ(乙一) †=†

 連続で乙一さんの小説の感想ばかりを紹介してすみません。他にも読んでいるのですがちょっと区切りが悪くて、まずこの本の感想を書いてから他の作品に移りたいと思います。今回は少し物語の内容に軽く触れるような紹介の仕方になっていますが、ネタバレとまではいかないと思いますので安心してお読み下さい。

 前回紹介した『GOTH(ゴス)』シリーズからも分かるように、作者の乙一さんの作風はホラー系の暗い物語が多いのです。最近読んだ『暗黒童話』もミステリ要素よりはホラー要素が強い物語でした。それはまた別の機会に紹介するとして、今回はその乙一さんが書いた小説の中でも一風変わった話である、この『暗いところで待ち合わせ』を紹介したいと思います。この話は普通に考えたら「まず有り得ないだろう」と思われるような状況のお話なのですが、それを差し引いて考えて私は良い話だと感じています。
 この物語は、働いていた印刷会社の上司を殺害した罪で追われる青年・アキヒロと、不運な交通事故で両目の光を失ってしまった全盲の女性・ミチルの世にも奇妙な同居生活を描いた物語です。同居と言ってもアキヒロの方は警察から逃れる為の隠れ場所としてミチルの部屋に不法侵入しているので、厳密には同居と言う言葉は相応しくないかも知れません。

 殺人の容疑者として追われるタケヒロも絶望の淵に立たされていますが、ミチルの方も全盲になって未来を奪われてしまうと言う絶望に直面していました。自分の部屋と言う閉じた世界に包まれたまま一生を終わらせても良いと退廃的な思いに囚われていたミチルの生活に、”アキヒロの侵入”という変化が一石を投じ、二人の人生に新たな分岐点を与える事になりました。

 住人が盲目である事を良い事に勝手に部屋に侵入した事を引け目に感じているアキヒロは、自分の存在をミチルに知られまいと息を殺し身を硬くして過ごします。また、ふとした偶然から部屋に誰かが居る事に気付いたミチルは、侵入者に気付いた事が知られると乱暴をされるかも知れないと考え、部屋の中には誰も居ないものとして普段通りに振る舞います。

 しかし、そんな状況がいつまでも続くはずがなく、お互いに「相手が自分の存在に気付いた」事を気付きます。それ以上演技を続ける事ができない”他人に接する事が不器用な”二人は、まるで言葉を持たない動物同士がお互いに無害である事を示し合うように、少しずつお互いの距離を詰めていくのです。そんな二人の姿にもどかしさを感じつつも、不器用な二人がお互いに心を通い合わせる過程を見ていると、何とも微笑ましく応援したくなる気持ちになります。

 お互いの存在を認め合った時、また二人の間を引き離すような出来事が起こり、そして物語は意外な展開を見せる事になります。ややすると、単なるヒロイックな結末とも思えますが、その結果は二人の「心の成長」への”ご褒美”としての結末であると私は解釈しています。「他人との係わり合いなんて必要ない」「自分独りでも生きていける」と考えていた二人が、他人を必要としお互い支え合って立っている姿を見て私も嬉しく思いました。普通に考えたら何でもないような事でも、それが出来ない人にとっては途方もない努力が必要なんですよね。それが過程は「有り得ない状況」があるものの達成する過程を見て、読者である私自身もほっと出来た……そんなお話しです。

 文庫本で250ページ程度の薄い本ですから、普段あまり読書をしない方にもお勧め出来る作品です。内容がホラーではありませんので、あまりホラーが得意でない人にも十分読める一冊となっています。読書の秋の一冊にいかがですか?
スポンサーサイト

* 読書感想 * comments(0) * trackbacks(0) * page top *

entry_header

この記事に対するコメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://leesha.blog17.fc2.com/tb.php/34-8e562e01

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

PROFILE

リーシャ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。